« 風に吹かれて | トップページ | 秋桜が咲いてます »

2008.09.13

ニッポンのお米

ここ数日、我が家の子供たちもニュースにチャンネルをあわせて釘付け。
事故米というものがあることすら、私も知らなかったので、多くを語れず。説明できず。

もうずいぶん前の話になるけれど、勤めていた会社に”社訓7カ条”というのがあって、毎朝社員で唱和していました。その中に”責任ある仕事をしよう”というのがあったことを思い出しました。
当時は「そんなこと当然」と思っていましたが、当然でもない人を社内社外問わず見てきましたし、当然だと思っていた私自身も、思っていたから責任ある仕事をきちんとできていたかというとそうでもなかったかもしれません。
なんといっても、会社に守られて仕事ができていたことは思っていた以上に逃げる場所があったのです。

Sca390018

     近江八幡市内の田園風景~刈り取りが始まっています
         今年も新米が楽しみですね
       
顧客満足 という言葉の前には責任ある仕事があります。
お客様の声、をいただくためには、完成までにいろんな人のかかわりと仕事の積み重ねがある。
気持ちだけの積み重ねじゃない。
ひとりでも無責任な仕事をしてしまうと、全て崩れてしまう。
満足していただけないどころか怒りをかうことだってある。
自分が悪かったなら、改めようがあるけれど
自覚のない人が相手で、なおかつ強い立場の人だともうどうしようもない。

仕入れたものを一生懸命考え、美味しい味付けをして、消毒に気を配り・・・
回収になってしまった工場で、清潔な白衣で製造にかかわっていた方々のくやしさ。
同じ営業の立場としては、その食品の担当営業マンがどれだけ苦労して、どんな思いで 販路を広げてきたかと思うと涙が出るほど気の毒です。

すいーとすぽっとも同じようなもの。
森林を持っているわけでもなく、材木会社から直接木を買って自社工場で加工なんて資本はない。
レンガを焼く釜を持っているわけでもないし、植栽だって卸会社から買っている。
お客様になっていただける方と出会って、どれだけ苦労して契約をいただけているか、わかってくれていない無責任な仕事があれば、もう成り立たない。
仕入れたものを信頼できる職人さんに形にしてもらえて初めて、私としての責任ある仕事ができたことになる。
お客様の満足はあとでついてきます。
仕事の対価を正当にいただいた上に、ご褒美がもらえるのですから、本当にありがたいことです。

会見の中で、飛び交う質問に一瞬苦笑したのを見て、この自覚のなさと無責任さを空恐ろしく感じました。
 農林水産省 会見 

ご褒美なんてお金やモノじゃないと意味がない?笑ってしまう余裕があるのがすごい。

↓ 激戦区 ガーデニング でがんばってます! ↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

« 風に吹かれて | トップページ | 秋桜が咲いてます »

こんな日だったね」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風に吹かれて | トップページ | 秋桜が咲いてます »